保険を上手く活用しませんか?

なかなか不景気から抜け出せないこの世の中・・・。

貯金をしたくてもそのお金を工面することもできず、節約といっても限度がありますよね。

我が家も光熱水費や食費など、節約できるところは頑張っています。
でもこれもストレスとの戦いで一苦労です。

そんな時にたまたま用事で訪れた銀行で、低解約返戻金型の終身保険を勧められたのです。

簡単にご説明しますと、10年間一定の金額を保険料として振り込みます。
実際には自動引き落としです。

その10年の間に本人が死亡したり障害になった場合は、契約した金額が保険料として頂けます。

逆に10年間何事もなく無事に保険料を振り込んだ場合は、10年の満期時の翌年からは保険料の振込は終了!

使い道がなくてそのまま据え置きした場合は、契約期間に応じて支払った保険金プラス利子がもらえるといったシステムです。

例えば40歳に保険をスタートしたとします。51歳から保険は支払わなくてOKです。
そしてその何年後・・・仮に53歳とします。

53歳の時にお金が必要になり保険を解約した場合は、今まで10年間支払った保険金に何万円かの利子がプラスされて保険金がもらえるということです。

もし何年も解約しなければ利子はどんどん増えます。

どこで解約するかはひとそれぞれですが、私の場合は子供が大学生の時に10年満期を迎えるので、

11年か12年目あたりに保険を解約して、その保険金を学費に充てられたらと考えています。

今は色々な種類の保険が実にたくさんありますよね。

万が一の時に生活を支える保険ではありますが、今一度保険を見直して、自分に合った保険に変更してみるのも一つの節約方法かもしれません。

色々と貯蓄する方法はありますが

タイトルに書いたように貯蓄する方法は色々とあります。

簡単な所からだと、定期預金という方法もあります。

堅実なイメージが大きいですが、利率が余り高くない為にはっきりと言うと預金した分の金額におまけが付いた金額までしか貯まりません。

おまけにある程度、余力が無いと行えない事も多いです。

折角貯金するなら嬉しさがあった方が良いと思います。

そこで私が取った貯蓄方法は投資信託という方法を選びました。

投資信託とは株を利用した貯蓄方法になりますが、知識が無いと難しい株式をそこまで把握していなくても株と関わって貯蓄出来る方法の一つです。

お金を預ける自身は取引は行いません。

株の知識を持ったプロがお金を預かって、株式投資等を行いその結果によって貯蓄額が上がったり下がったりする貯蓄方法です。

当然、思ったより貯まっていない時もあれば想定以上に貯まっている時もあります。

しかも普通に投資を選んだら、それなりに纏まったお金が必要ですがこの投資信託はプロが同じ方法でお金を投資している方から集めて、そのお金を元に運用し分配しているので少額で行う事が出来るのです。

リスクが無いわけではありませんが、貯めるならもしかすると思ったより貯蓄額が増えている方が良いと私は思うので、この方法を選んでいます。

因みに2年程この方法で、しかも2千円ずつの貯蓄を行ってきたので4万8千円なのですが、結果の時価総額は6万円となっていました。

結構大きく増えていたので、かなり喜んだ事を覚えています。

飲兵衛さんにはお勧めの節約術

40代も見えてきて、今更何をなので、もう隠しません。はい、私は飲兵衛です。いくらでも飲めます。一日の終わりにアルコールを体にいれると、その日あった不愉快なことはたいてい消毒することができます。

でも、一つ問題があります。それにかかる出費が馬鹿になりません。家で缶ビール、缶チュウハイは避けたくて、外飲みばかりをしていました。そのため、月によっては月の後半、それをする余裕がなくなることもありました。小さなバーであっても、ワンコインでカクテルが飲めるお店などなく、紙のお金が飛んでいくのだから当然のことだからです。

そこで、私、果実酒作りを始めて見ました。母が知り合いの方にもらった梅酒を私に譲ってくれたのがきっかけです。あまりの美味しさに、節約ついでに私も挑戦することにしました。もちろん始めた当初はカビが生えてしまったこともありました。しかし、軌道に乗り始めた今は、果実酒作りを始める前と比べ、月に3~5万、節約できています。

節約ついでの趣味なのか、趣味ついでの節約なのかは分かりませんが、棚に並んだ瓶を見ると、何だか満ちたりた気持ちになります。出来上がりに1年から数ヶ月かかるのは普通のことなので、作り続けなれば確実になくなります。これが面倒と言えば面倒なのですが、楽しいと言えば楽しいです。果実酒作り、飲兵衛さんにはお勧めの節約術です。

通信費の節約

最近のスマホは基本料金がとても高いです。たしかに高性能ですし、それに見合った金額ではあるのですが、電話機能だけを必要とするひとや、ときどきしかネットサーフィンをしない人、LINEやメールなどしか使わない人にとっては基本料金が高すぎる設定だと思います。

スマホは普通に使えば、維持費として5千円以上はかかると思います。

そこで、私は、通信費を節約するためにガラケーとタブレットの2台持ちにしています。スマホを一台もつのではなく、通話専用のガラケーとスマホ機能が使えるタブレットを持つのです。
ガラケーであれば、安いプランで1000円前後でしかも無料通話がついてきます。

最近のスマホの基本料金には、無料通話がついていないので、電話代金の節約にもなりますし、無料通話分は繰り越しができますので無駄がありません。

タブレットは画面も大きく見やすいですし、最近は格安SIMと呼ばれるMVMOもありますので、料金を抑えることができます。
格安SIMはだいたい1000円前後の物が多いのですが、沢山の会社がサービズを提供しているので自分に合った物を選ぶのが重要だと思います。

データ通信料が少ないと言われる格安SIMですが、最近はデータ容量も増えたきたので、ネット通信や動画視聴が極端に多くなければ十分な容量だと思います。
ガラケーと格安SIMを使えば、通信費は一ヶ月2000円前後ですみます。

スマホを持ったときと比べて約3000円の節約が出来ます。

我が家の節約法

主婦7年目です。我が家の家計は全て私が管理しています。

一番削れるのは固定費だと思うのですが、私は食費もどんどん節約を頑張っています。

お米はもらえるのでタダですが、それ以外で削るのは飲み物だったりしますね。
どんなに暑い日でもペットボトル飲料は買いません。

どんな所へも水筒持参です。

子供が二人いるのでご褒美などと言ってペットボトル飲料を買っていたらそれだけでかなり圧迫します。
夫のビールはもっぱら第三のビールを5%オフの日に買います。

頑張って働いてくれているのでここは無しということにはいかないですね。

それに加工品は買いません。

お肉を格安で買ってきて自分で加工して冷凍保存をした方が体にもお財布にも優しいです。
お弁当のおかずの冷食だって作る方が格段に安いですよ。

野菜もすぐに高騰するので、根菜類の皮なんかも捨てずに使っています。
子供のおやつも甘いものは作るようにしています。

それでもスナック菓子を欲しがるので我が家は0の付く日だけ買う約束にしています。
ものすごい小さな努力だとしてもいつか大きなものになると信じて頑張っています。

何より、文句も言わず協力してくれる家族に感謝して今日も主婦業を頑張っています!

節約は私にとって楽しい事なので苦痛と感じたことはないですね。

アンケートサイトを利用して

節約しよう節約しようと思うと、どうしても「我慢」が必要になってくると思います。

そうやって「我慢」すると、気持ちが豊かでなくなってしまいます。

現状の家計では、趣味などの余計な出費をするのは厳しい、しかし副業するのも辛いと思ったときにはじめたのが、

パソコンやスマートフォンから登録できるアンケートやポイントサイトを利用することでした。

ひとつずつのアンケートは、短いものだと1分もかからずに終わり、2円くらいの収入ですが、

複数のサイトを利用すること、毎日負担にならない程度にこつこつ続けることで、小さな貯金をしている気分になります。

このようなサイトでためたポイントは、現金に換金することができますが、

換金には手数料がかかってしまうサイトも多く、なるべく手数料のかからないインターネット口座を開設しました。

私は、この口座を「ネットショッピングをしたいとき」用の口座として利用しています。

こつこつ貯金したお金で、趣味のものを購入したり、父の日のプレゼントを購入することは、

普段の生活費からの出費をおさえられるし、ネットショッピングでポイントをためることもできるので、

金銭的にも、気持ち的にも「ゆとり」のできる貯蓄方法のひとつであると考え、継続して続けています。

食費を削って、貯金をしています

私は一人暮らしをしているのですが、節約をして引っ越しを考えています。そして、その中でも食費の節約が一番簡単で一番削れるので1円でも多く安く生活できるとどんどん楽しくなっていきます。

ちなみに、いつもスーパーのチラシなどを見ながら1円でも安いお店を探しています。商品によっては100円ショップなどのほうが安い場合もあるので私の場合は家計簿をつけて商品名と商品の値段、どこのスーパーで買ったかまでリスト化して卵を買うお店、お米を買うお店、野菜を買う場所などを毎回整理して買っています。

そして、私はいつもメインは最寄りのスーパーではなくて飲食店のスタッフさんなどが使っている業務用のスーパーに行って食品を大量購入してはストックをしています。

パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的に私は下ごしらえして全部冷凍していました。そのほうが、長く商品を使えるし、毎週一回大量購入をして、これを一週間で使い切るという風に考えて生活しています。

おかげで食費が一人暮らしですが、食費は1か月5000円で済むようになりました。それまでは、コンビニのお弁当やら、お惣菜を買ってばかりで外食もいれれば1か月一人で4万円以上かかっていました。

なので、1か月3万円以上節約になりました。ほかにも、節約はしていますが、やっぱり一番食費が削れて逆に生活を考えるようになったので、健康にも良くなりました。

コレで私は月に1万円

お金が貯まらない、それを解消するには様々な方法があると思いますが、まずは自分が何にどれくらいお金を使っているのかを把握することから始めるのが肝心で、必要なモノ、不必要なモノ、余裕があれば買ってもよいモノの区別をすることから始めてみました。

本当は家計簿やお小遣い帳を付けられると良いのですが、それが厳しい場合はお財布とレシートで管理が簡単ですね。まずは朝にお財布に1万円入れます。できるだけお金を使ったらレシートを貰うようにして、1日終わったらお財布の中身をチェック、レシートを抜いてその日使った金額をメモします。ここで小銭を抜いてまた1万円に戻すのがコツ。そうすると毎日の使用金額の計算が楽になります。

毎日が難しいなら1週間ごとでもOKです。それが1か月分くらいまとまったら、ペンを2色くらい用意して中身を確認します。ここで、不必要なモノ、余裕があったら買ってもよいモノにそれぞれ色を付けていくんですね。それとレシートの無い金額は基本的に飲み物や雑多なモノで消えている金額なので、基本的に不必要な出費とカウントします。

すると、自分が何にお金をつぎ込んでいるのかが見えてきます。翌月からは意識してそれらのモノを買わないようにして、同じことを繰り返します。数か月もすれば自分のクセがわかるので、いちいちメモしなくても自然と節約できるようになります!

だから、歩けばいいんだって

最近、あらゆる解決策は「歩けばいい」ということに気づいてしまった私です。

交通費を節約したければ、歩けばいい。

ダイエットをしたければ、歩けばいい。

暇だったら、ウォーキングで歩けばいい。

いい天気でお出かけしたければ、歩けばいい。

日常のつまらない悩みは「歩けばいい」で解決できてしまうのです。

そして歩くということは、お金を使わないことなのです。

これほど節約効果の高いことはありません。

家にいると電気代やらおやつ代やら、いらぬ費用がかかってしまいます。

だから外に出かける、でも出かけたら外食したり買い物したり、映画、ゲームセンター、パチンコなどなど、お金がかかりそうな誘惑がたくさんです。

そういったお金のかかる誘惑を振り払うためにも、ひたすら歩くんです。

歩くと時間も潰せます。もちろん急いでいれば交通機関を使うべきでしょうが、暇なら歩けばいいんです。

ダイエットにお金をかけて運動する必要もないんです。歩けばどんどんカロリー消費できます、タダで。

暇つぶしにモバゲーにハマってしまうぐらいなら歩きましょう。ゲームなんてしている余裕なんてなくなりますから。

とにかく歩く、これだけでお金も節約でき、万事解決です。

歩くって素晴らしいですね。

財形をしている人と私の貯蓄法

貯蓄の方法の一つとして、勤労者財産形成制度があります。
「財形」と呼ばれていて、給与・賞与から一定額を天引きして積立てる制度です。

前に勤務していた会社の場合は、会社の総務担当者が処理しないと出金できませんでした。
しかし、度々出金する人がいて、担当者から、「今度は何に使うの」と聞かれていました。

そんなことを聞かれたらら私だったら出金しにくいです。
その会社の上司は、毎月数万円を積立てていて、勤続10年以上なので貯蓄額が相当な額になっていました。

私の場合は、財形はしていませんでした。
私は、普通預金が数十万円になったら定期にするようにしていました。

しかし、定期預金を担保に定期預金の90%額の普通預金をマイナスにすることができるので、
あるだけ使ってしまうような私にとって、この方法は余り効果がありませんでした。

私は、外貨預金(ユーロ)の口座を開設して、そこに入れることにしました。
これだと普通預金の担保にすることはできませんし、
国内で外貨で払えるところは余りないので貯まる可能性が高いと思いました。

もちろん為替レートには注意がいりますが、為替差益で儲けようとは思っておらず、
お金を「使えなくしておく」ということが私の目的でした。