水道代を1円でも安くする日々の努力

私の節約の極意は「塵も積もれば山となる」なので、1円たりとも無駄にしない生活を心がけています。

中でも水道代は努力が数字で見えて楽しいのでやりがいがあります。風呂のお湯を洗濯に使うのは当たり前ですが、我が家では節水シャワーを手元ストッパー付きの物にして、ほんの数秒でも使っていない間は止めて更に節水効果をアップしています。また基本的に体や髪を洗うお湯はすべて湯船から組み上げ、シャワーを使わないようにしています。

あらかじめ体を流してから入浴すれば湯船のお湯は汚れないし、最後に仕上げのすすぎだけ綺麗なシャワーのお湯を使えば十分です。湯船の湯量も最低限にして、娘と一緒に入ってかさ増しします。これで残ったお湯をを洗濯に使い、更に残ったお湯を翌日のお風呂掃除に使えば、一回の入浴時に貯めた140リットルのお湯がほぼ捨てる事なく使いきれるので、もったいない感も感じません。

そもそもうちには追い焚き機能がないので、毎日お湯を替えなくてはいけないので残り湯を活用するしたないのです。

このように小さな努力をし始めてから、気にせずシャワーを使っていた時よりも水道代が2ヶ月で最大で2000円近く安くなりました。現在は前回よりも1円でも安い請求額を目指して、さらにこまめな節水を心がけています。