手元にあるからいけないんだ!

私は一時期貯金にはまっておりました。何か目的があったわけではなく、単純に貯金箱が重くなっていくことが楽しかったというのが理由の一つになります。貯金というと限界まで節約、倹約、無駄なものは買わない。そういったイメージが付きまといますが、私は違いました。恥ずかしながら私は小銭入れといった便利なものを所持しておらず、長財布一つに小銭もお札も入れております。

もうお分かりですか?そう、小銭が重くて邪魔臭いのです。だったら消費すればいいじゃないか、そう言われてしまいそうですが欲しくもないものに消費する気は更々ないのです。当然ですね。というわけで邪魔な小銭たち、彼らを封印するために貯金を始めたのです。500円玉は財布に入れ100円玉は1つの貯金箱へ。それ以外はまとめて1つの貯金箱へ。こんな感じに始めました。

毎回小銭が出るたびに入れていたのでは財布が空になってしまいますから100円でしたら4枚目を、それ以外は3枚目などといった感じです。そうしていると当然その他貯金箱が一番重くなりますよね。入りきらず新しいものへ。それを繰り返しているとどんどん重くなっていくので、それ自体が非常に楽しいのです。

100円玉は案外溜まらず、結局やめてしまいました。一時は1日100円貯金などトライしてみましたが、100円玉を作り出すために無駄な出費をするという本末転倒なこともありました。貯金はやはり無理のない範囲がいいと思いました。もう一つ無駄遣いを防ぐ方法として、多額の現金を財布に入れないということが挙げられます。

私が実践していたのは、1000円札一枚のみでした。1000円しかないから使い道も限られる、無駄遣いも防げる。結構効果はありました。非常に不便でもありましたけど。貯金は将来のためにするべきだと思いますが、現在もおろそかにしてはいけませんね。この時にそのことを学びました。私が考える貯金の近道はただ一つ。必要以上に財布にお金を入れない。これですね。ぜひお試しあれ。