我が家の節約法

主婦7年目です。我が家の家計は全て私が管理しています。

一番削れるのは固定費だと思うのですが、私は食費もどんどん節約を頑張っています。

お米はもらえるのでタダですが、それ以外で削るのは飲み物だったりしますね。
どんなに暑い日でもペットボトル飲料は買いません。

どんな所へも水筒持参です。

子供が二人いるのでご褒美などと言ってペットボトル飲料を買っていたらそれだけでかなり圧迫します。
夫のビールはもっぱら第三のビールを5%オフの日に買います。

頑張って働いてくれているのでここは無しということにはいかないですね。

それに加工品は買いません。

お肉を格安で買ってきて自分で加工して冷凍保存をした方が体にもお財布にも優しいです。
お弁当のおかずの冷食だって作る方が格段に安いですよ。

野菜もすぐに高騰するので、根菜類の皮なんかも捨てずに使っています。
子供のおやつも甘いものは作るようにしています。

それでもスナック菓子を欲しがるので我が家は0の付く日だけ買う約束にしています。
ものすごい小さな努力だとしてもいつか大きなものになると信じて頑張っています。

何より、文句も言わず協力してくれる家族に感謝して今日も主婦業を頑張っています!

節約は私にとって楽しい事なので苦痛と感じたことはないですね。

食費を削って、貯金をしています

私は一人暮らしをしているのですが、節約をして引っ越しを考えています。そして、その中でも食費の節約が一番簡単で一番削れるので1円でも多く安く生活できるとどんどん楽しくなっていきます。

ちなみに、いつもスーパーのチラシなどを見ながら1円でも安いお店を探しています。商品によっては100円ショップなどのほうが安い場合もあるので私の場合は家計簿をつけて商品名と商品の値段、どこのスーパーで買ったかまでリスト化して卵を買うお店、お米を買うお店、野菜を買う場所などを毎回整理して買っています。

そして、私はいつもメインは最寄りのスーパーではなくて飲食店のスタッフさんなどが使っている業務用のスーパーに行って食品を大量購入してはストックをしています。

パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的に私は下ごしらえして全部冷凍していました。そのほうが、長く商品を使えるし、毎週一回大量購入をして、これを一週間で使い切るという風に考えて生活しています。

おかげで食費が一人暮らしですが、食費は1か月5000円で済むようになりました。それまでは、コンビニのお弁当やら、お惣菜を買ってばかりで外食もいれれば1か月一人で4万円以上かかっていました。

なので、1か月3万円以上節約になりました。ほかにも、節約はしていますが、やっぱり一番食費が削れて逆に生活を考えるようになったので、健康にも良くなりました。